森 澄雄 億年のなかの今生実南天  俳句鑑賞

*森 澄雄 億年のなかの今生実南天 俳句  -ときがわの 南天の実-

 -ときがわ風景- 撮影:埼玉県比企郡ときがわ町 南天の実

 

億年のなかの今生実南天     森 澄雄
(おくねんのなかのこんじょうみなんてん)

 

「悠久の時間の中に一瞬のまたたきほどに短い一生をいとおしむ」
「人生もまた永遠に流れる時間の中の一点に過ぎぬ。」
これらが澄雄の俳句の特徴であるようです。

 

〈ほっno思いこみ鑑賞〉

無限の風景のなかに、在る真っ赤な実南天。その存在感。

億年をうちに蔵して存在している真っ赤な実南天の存在感

これが、わたしの鑑賞。

 

だったら、「今生のなかの億年実南天」の方が正確なのではないのかと。
だが、それは、もう一方から言えば、「億年のなかの今生実南天」であり、表裏の関係にある。表裏というより一体、不二。
結果、「億年のなかの今生実南天」に還ってくる。

 

NASAハッブル宇宙望遠鏡が、地球から129億光年離れた星を観測した」という。朝日新聞デジタル記事 2022年3月31日) 地球の誕生は、今から46億年前で、生命誕生は、今から約35億年前というから、

 生命もいなかった過去を、現在、我々が見ているということになる。

何という不思議!!!

人類誕生以前、地球誕生以前の星の光が今地球に到着し、地球も人類も、生命も存在しなかった過去の光を、今、我々人類が見ているのである。この不思議。

 

こうなると、もう万年も億年も何もかもが今に結集する。過去が現在であり、現在が過去であり、未来が現在であり、現在が未来である。

 今の実南天そのものに一切が顕現している

 

億年の一部分を構成する今ではない今。遠いと近いの比較ではない今。「なか」という限定された空間の中の今ではない今。

そのまさに今の実南天そのものの中に絶対世界が現れきっている。
この句は、南天そのものの永遠性を表現しているのだと鑑賞した。

限定された「今生」ではない今生。その存在。ゆえの、
まさにこの真っ赤な実南天を素直に味わうことができる。

----------------------------------------------

 

とわけの分からんことになってきました。ので、
やめます。

これも成り行き。業( Go )

 

ここ「ときがわ」に、このとおり今、 真っ赤な実南天 が存在している。

これを見ている目、これをみている心が今ここにある

 

  -ときがわ風景- 撮影:埼玉県比企郡ときがわ町 南天の実

        *森 澄雄 億年のなかの今生実南天  俳句鑑賞